1. TOP
  2. 面接で不利にならないために、、使ってはいけない禁句ワード

面接で不利にならないために、、使ってはいけない禁句ワード

筆者Diary
この記事は約 5 分で読めます。 354 Views

こんばんわ!

今日は地元のコミュニティ―センターで新卒向けの就活講座をやらせていただきました!

23名の学生さんたちは皆、

フレッシュで一生懸命私の話を聞いていくれて素晴らしい学生さんばっかでした。

 

ただ一つ残念なのが、

 

 

 

相変わらず私のトークがスベッたという事でしょうね、、、

 

トーク終わった頃には4kmくらいランニングした時くらい汗をかいていました、、、

 

代謝良すぎですよね。

 

 

うん。学生は悪くない。全て私の責任です。

 

 

えっと、

今日学生さん達の「自己PR」や「エントリーシート」を書いて頂いたものを添削やアドバイスをさせてもらったのですが、

 

気になったのが

 

自己PRや特技の欄に書かれている

 

「コミュニケーション能力が高いです」

 

というフレーズです。

 

そもそも「コミュニケーション能力ってなんだ??」

と思うようになりまして、講義中にも関わらず、スマフォで調べたところ、

まぁーいろんな定義が出てきたんですよね、、

その中で気になった記事がありましたので簡単に紹介させていただきますと、

コミュニケーション能力には

①言語コミュニケーション(「おはようございます!」などの言葉でのコミュニケーション)

②準言語コミュニケーション(声のトーンをあげたり・言葉使いなど言語コミュニケーションをサポートする事)

③非言語コミュニケーション(笑顔や動作・相手の空気を読んで理解する事)

 

とあるそうで、就活において一番重要視されるのが③非言語コミュニケーションだそうです。

③の笑顔を作る事や姿勢など相手の真意をくみ取る事は簡単に言ってしまえば「就活マナー」って感じになりますよね。

 

つまり一概には言えませんが就活マナーが完璧な人はある程度コミュニケーション能力があると言える事になるのかな??って感じました。

 

でも実際面接の空気を読みとり、それを理解した上で表現できるスキルが無ければコミュニケーション能力は高くないように感じます。

 

ですので「コミュニケーション能力があります!」という発言は③非言語が完璧な上で①のスキルが高い人を指すのかな?って思う記事でした!

 

うーん、私が勉強になりました!笑

 

それとこの「コミュニケーション能力が高いです!」というフレーズは、私的には自己PRや面接では使わない方がいい禁句だと思っています。

 

理由としては

 

①よく使われるから

現に今回参加した人の7人が「コミュニケーション能力が高い」と書いていました。

3人に1人が自己PRに書いている計算になります。

そうなるとグループ面接でかぶる可能性もでてきちゃいますよね!

 

②面接でハードルをあげてしまう

そして今回の一番言いたいのはここになります!

「私コミュニケーション能力が高いんです!」とアピールするのはハードルがメチャクチャ上がります。

面接で「私はコミュニケーション能力が高いです!」と学生が発言をしてエピソードを聞くと

企業側からすると

「あれっ、、思ったよりたいしたことなくない?」と思われます。

これは「あのさ!昨日面白い事があったんだけどさ!実はね、、、」と始まる話は面白くないのと同じ原理です。

「えっ!?どんな面白い事があったの??」と相手が期待して聞いてしまうのでハードルが上がってしまいます。

その面接官がどのくらい期待して聞いているかわかりませんが、その期待(ハードル)を超えたレベルで話さないと逆効果になってしまいます。

そしてそのハードルは企業や業界によって異なります。

接客業やサービス業などコミュニケーションスキルが必須になる企業はハードルが高くなりますし、

仕事で対人スキルがあまり必要とされない企業(そんな企業あるのかわかりませんが)はハードルが低くなります。

また学生の立場からしたら「俺は周りの学生よりコミュニケーション能力が高いな、、」とわかってもそれが企業からしたら高くないと感じられるかもしれません。

冷静に自分のコミュニケーションスキルの高さを分析しましょう!

 

面接で「私は毎日10,20人の人と交流やお話しをかわします」とエピソードを話して

「えっ!!そんなに色んな人と話すんだ!だからコミュニケーション能力が高いのか!」と思ってくれる企業もあれば、

「いやいや、、たった2,30人の人と接している程度でコミュニケーション能力高いって言ってるのか、、」と思う企業もあるかもしれません。

ですので、企業によりコミュニケーションスキルが複雑でややこしいので、よほどレベルの高いエピソードがない限り、「コミュニケーション能力が高い」と発言しない方がいいです。

 

コミュニケーション能力は自己PRにかかなくても、面接で接していればある程度コミュニケーション能力があるか無いかわかります。

私も今回の講習会で学生と接してある程度、この人はコミュニケーション能力高いな!とかわかりました。

ですので面接で会えばわかる事はわざわざ自己PRや履歴書に書かなくていいと思います。

例えば特技に「常に明るい・元気です」など、

本当に明るい子なら自分から言わなくても会えばわかってもらえるはずです。

それならば、書かなければわからない内容に限られたスペースを有効活用しましょう!

 

 

、、、という普段自分には似合わないマジメな話をしてましたら、、、

 

 

 

 

 

 

熱が39℃でました。

 

マジメな事をすると体が拒絶反応するのかな?

 

 

 

日々日記を書かせてもらっています!興味のある方はこちらもどうぞ!

・第一印象は超大事!

・筆者の自己プロフィール

 

・心に残る自己PRテクニック方法

 

\ SNSでシェアしよう! /

楽レボの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽レボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kisuke

この人が書いた記事  記事一覧

  • 面接官の心理を理解すればES・面接がさらによくなる!面接官がESを選考している心理状況

  • 就活初心者必須スキル!就職活動3大理論 そのⅢ WaTから学ぶ「面接官との心の共有方法」

  • 就活初心者必須スキル!就職活動3大理論 そのⅡ しくじり先生型自己PR理論

  • 就活初心者必須スキル!就職活動3大理論 そのⅠ y=ax+b理論

関連記事

  • 第一印象は超大事!